名古屋の形成外科でわきがを治しました

仕事の長期休みに剪除去という方法の手術を受ける

恋人にわきがを指摘され名古屋の形成外科で治療を決意仕事の長期休みに剪除去という方法の手術を受ける術後は臭いも気にならなくなり衣類の黄ばみも無くなった

病院で話を聞いたところしばらくは肩が上がらないなどの問題があるので、できれば長い休みの間にやるべきだと言われました。
勤めている会社は連休にあわせて長い休みを作る人が多かったので、その方法で長期休暇をとって手術を行うことにしました。
本当ならもう少し安静にする期間があったほうが良いようですが、事務仕事で激しく動くこともないので、2週間ほどの休みがとれるときに手術を行うことになったのです。
手術の当日は簡単にもう1度説明が行われ、それから手術が行われました。
麻酔を行うときの痛みは結構強かったですが、手術中はほとんど痛みを感じることがありませんでした。
ただし、局所麻酔だったので眠っている状態ではなく、どのようなことが行われているか分かってしまったので怖かったです。
けれども、強い痛みがあるわけではなかったので、安心して施術を終わらせることができました。
術後については少し血が出てきたことがあったのですが、医師に相談したところ手術が失敗しているわけではないし、経過が良好であったので安心しました。
後から調べてみたのですが、手術が成功していても血が出てきてしまうことがあるようなので、先に知らないと術後に焦ることになります。
傷跡は時間と共に治っていきますが、出血などが起こっても綺麗に治ったので、術後に出血してもやはり手術が失敗したわけではないと分かりました。

/ 名古屋 美容形成なら